Browsed by
月別: 2017年2月

業者に依頼する

業者に依頼する

バッグ修理を専門的に行っている業者ならばファスナーの修理や交換に対応してくれるでしょう。たとえばファスナーのスライダーを交換してもらう場合は2千円程度となっています。ファスナーにもいろいろな種類があります。ナイロンファスナーやビスロンファスナー、メタルファスナーといったものがあるのです。どのような種類のファスナーにも業者は基本的に対応してくれるでしょう。

スライダーの交換では一度ファスナーの付け根のエレメントを外してから新しいスライダーを差し込みます。ファスナーそのものを取り替えてしまう修理もあります。このときには元のファスナーとはまったく異なるデザインのものを取り付けることもできます。自分なりにおしゃれにアレンジできるのです。ファスナーそのものを交換してしまう場合には1万円以上のお金がかかってしまうでしょう。そのためよく考えてから頼みましょう。

ファスナーを補修してもらうことも可能です。本来ならば交換が必要なケースであっても、その場合には高いお金がかかってしまうため補修を受ける方も多いです。とりあえず使用可能な状態となるでしょう。

ファスナーの交換の料金についてはファスナーの長さがどのくらいなのか、裏地はあるのか、縫製の仕方はどうなっているのかなどによって変わります。きちんと見積りを出してもらいましょう。

ファスナーが壊れる

ファスナーが壊れる

バッグを使っているとファスナーが壊れてしまうことがあります。大抵のバッグはファスナーによって閉じることができる構造となっているでしょう。ファスナーが壊れてしまうととても不便なのです。

ファスナーの構造としてはスライダーと呼ばれる部分があり、これを動かすことによって閉じることができるのです。歯のような部分はエレメントと呼ばれています。スライダーを動かすことによってエレメントが咬み合っていくのです。ファスナーが壊れた場合に多いのはスライダーを動かすことができなくなるケースです。この場合は試しに潤滑油を使ってみることをおすすめします。そうすれば動かせるようになる場合が多いです。ファスナーというのはずっと使っていると錆びてしまいます。これによって動かしにくくなるのです。

ファスナーのスライダーが片方から完全に外れてしまうケースがあります。これは再び通し直さなければいけないのですが、素人にはなかなか難しい作業となります。また、ファスナーそのものが経年劣化によって駄目になってしまうこともあるでしょう。こうなってしまってはファスナーを交換するしかありません。そんな時にはバッグ修理をしている業者の出番となります。

バッグ修理は業者へ

バッグ修理は業者へ

バッグを持っていない方はおそらくいないでしょう。外に出る際には多くの方がバッグを持って行きます。バッグの中には万が一の際に必要となるものを入れておくのです。そうすることでどのような事態にも対処できます。あるいはおしゃれなアイテムとしてバッグを持ち歩いている人も多いでしょう。特に女性の方はブランド物のバッグを好む方が多く、自分のお気に入りのバッグを誰もが一つは持っているはずです。会社へ行くときにもバッグを持っていく方は多いでしょう。いろいろなバッグを使い分けている方も多いのですが、頻繁に使うバッグは決まってしまうものです。

同じバッグを長く使っているとしだいに経年劣化していきます。どんなに大切に扱っていたとしてもバッグの劣化は避けられるものではないのです。たとえばパイピングが擦り切れてしまうことがあるでしょう。見た目が明らかに使い古したような状態になってしまうことも多いでしょう。このような見た目に関する劣化だけではなくて、ファスナーが壊れてしまうこともあります。この場合はバッグの機能が失われてしまうことになり、とても使いにくくなります。

バッグのファスナーの調子が悪くなったならばぜひとも専門業者に依頼して直してもらいましょう。バッグ修理を専門業務としている業者はたくさんあるのです。そちらにファスナーの壊れたバッグを持っていくことによって、すぐに対処してくれるでしょう。当サイトではファスナーが壊れた時の対処について説明します。